インディアンジュエリー専門店【パインリッジ】

ホピ・ズニなどのジュエリーリングやバングルなど圧巻の品揃え

ホーム | Other Jewelry > ペンダント&ネックレス(シルバー)サントドミンゴ Julian・Lovato ゴドバーターコイズ?付 ボロタイ 
商品詳細

サントドミンゴ Julian・Lovato ゴドバーターコイズ?付 ボロタイ [JulianLovato40]

販売価格はお問い合わせください。

ジュリアン氏全作品は、ショップコレクションのため、
ウェブ公開も非売品として作品紹介を行っております。
レジェンドクラスアーティストの為、市場の流通もほぼ皆無でなかなかお目に
する事も少ない事から、せめて写真だけでもという思いから
ウェブ限定に限り公開を行っております。
販売に関しましては恐縮ながら、ケースバイケースとさせて頂いておりますので、
一切、店頭公開は行っておりません。
以下本文はあくまでも作品説明、希少性、骨董価値として説明文となっております。
何卒ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。


圧巻!!!スペシャルミュージアムクラスアイテムです!!

現存アーティストの中で完全なる骨董ジュエリー扱いの評価を得ている、サントドミンゴ族の
部族内のみならずインディアンジュエリーアーティスト全体としてスペシャルのアーティスト
「Julian・Lovato(ジュリアン・ロバト)」作ボロタイになります。
1925年生まれで今年90歳と、現在は車いす生活で完全に制作引退されております。
(2015年3月現在)
1938年、当時サンタフェに位置していた「サンダーバードショップ」(現在は閉店)の
オーナーでありイタリア人の「Frank Patania Sr(フランクパタニア)」より技術を教わり、
「シピークレイジーホース」の父であり1991年に他界されているコチティ族「Joe Quintana」、
1996年に他界されたホピ族「Louis Lomay」の3人はパタニアの生徒出身のBIG3です。
パタニア氏、3氏共に非常に力強く男性的でありながら上品な作品は、数多くのコレクターより
愛されており、現在取引価格はうなぎ昇り状態の非常に入手困難です。

2002年には歴史ある最大マーケットである「サンタフェインディアンマーケットショー」主催する組合
「SWAIA(South Western Association for Indian Arts)」より、「Previous Lifetime Achievement Award」
(特別功労賞)を受賞しております。
(シルバースミスとして他にケネスビゲイ、ロロマ、フレッドカボティー(マイケルカボティーの父)etcなど)
以下のサイトよりご覧下さいませ。
http://swaia.org/Awards/Lifetime_Achievement/

現存アーティストの中で骨董扱いであり入手困難さで言いますと、リーヤジー、マッキープラテロ、
チェスターカーンetcなどと並ぶ評価です。
個人的にはレイモンドヤジー、ペリーショーティー以上に入手は厳しいと思われます。

こちらは70年代あたりに制作された、まさに絶頂期と言える時代に制作された完全骨董作品です。

ターコイズはスカイブルーにブラック&茶色ウェブの入った素晴らしく美しいターコイズを
4ピースセットしております。
はっきりと断定できませんが、ゴドバーターコイズでないかと思います。

当時ならではのハイグレード&BIGサイズターコイズを大胆にセットしており、
ジュリアン氏の代表スタイルであるトライアングルシルバーピースもしっかりと強調されており、
重量約110gオーバーと一目でわかるジュリアン氏の魅力が垣間見れるスペシャルボロタイです。
これだけシンプルな作品でも、ジュリアン氏だからこそ感じさせてくれるオーラは他に見かけません。

モダンなデザインの中にワイルド感も混じった素晴らしい造形ワークは、
まさにジュリアンと感動させられる作品です。
チップ部もジュリアンらしさが強調された、パーフェクトと感じさせてくれます。
商品詳細
使用ストーンetc:ゴドバーターコイズ?
石サイズ:一番上約2・6cm×1・8cm 一番下約1・5cm×1cm前後
デザイン部サイズ:約8・4cm×4・7cm チップ全長約9・5cm前後
重量:約112g
ホールマーク:有り
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)